ワシントンDCの観光スポットや大統領らの行きつけのレストランのほか、政治経済ニュースまで生の情報をお伝えしています!

硫黄島記念碑

硫黄島記念碑

硫黄島記念碑

硫黄島記念碑

Nuseumのコーナーでもご紹介しましたが、第二次世界大戦中の1945年2月23日に硫黄島で5人のアメリカ海兵隊員と1人の海軍兵が摺鉢山の頂上に星条旗を立てる姿をとらえたJoe Rosenthalカメラマンの写真が、アメリカ各紙に掲載されるやいなや反響が大きく、太平洋戦争を象徴する写真として1945年度の写真部門でピュリッツアー賞を取りました。

この写真をもとにアメリカ海兵隊の戦没者を追悼するため記念碑を作ることが決定され、彫刻家Felix W. de Weldon氏によりブロンズ像として再現され1954年11月10日に公開されました。像だけでも高さは約10 m、旗の掲げる長い棒を含むと高さは約20 mにもあります。

写真に映っている6人のうち3人は戦死しましたが、残りの3人は生き残りました。当時のフランクリン・ルーズベルト大統領はこの3人に帰国を命じ、当時売れ行きが滞っていた戦時国債の売り上げを伸ばすために3人に全米を英雄としてキャンペーン行脚させ、当初の目標の2倍以上を売り上げたと言う逸話も残っています。

硫黄島メモリアル

ちなみに、硫黄島記念碑の前では5月末から8月中旬までの毎週火曜日午後7時からは海兵隊のバンドによるコンサートMarine Corps Sunset Parade)も行われていて人気となっています。

硫黄島記念碑(米国海兵隊記念碑Marine Corps War Memorial )
住所:Arlington, VA 22209 (Arlington Blvd & N Meade St.)
電話:703-289-2500
営業時間:24時間いつでも見学できます。

次の観光スポットシェナンドー国立公園 とルーレイ洞窟

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional