ワシントンDCの観光スポットや大統領らの行きつけのレストランのほか、政治経済ニュースまで生の情報をお伝えしています!

Cactus Cantina

Cactus Cantina

Cactus Cantina

カジュアルなメキシコ料理のCactus Cantina

ウィスコンシンアベニュー沿いにあるメキシコ料理Cactus Cantinaは、キューバのハバナ生まれのRaul SanchezさんがワシントンDC市内で4つ目に開いたレストランです。

Raul Sanchezさんが1962年1月、22歳の時キューバからアメリカに移民して来た際はポケットにたった5ドルしかなかったと言います。しかし、その後遅れてアメリカに到着した母親とビジネスを始めて成功し、その後レストランを相次いで開きました。

「いいものをできるだけ安く提供する!(ALWAYS GOOD FOOD AT THE LOWEST POSSIBLE PRICE!)」が信条なので、とてもリーズナブルな値段でメキシコ料理を気軽に楽しめるのが人気の秘密となっています。

カジュアルな雰囲気の店内

カジュアルな雰囲気なCactus Cantinaの店内

そんなCactus Cantinaをブッシュ大統領とローラ夫人が訪れたのは2003年1月15日のこと。外食好きなオバマ大統領とは正反対で、あまり外食をしないブッシュ大統領としては珍しいことだと当時話題になりました♪

ブッシュ大統領
Cactus Cantinaを訪れたブッシュ大統領

ローラ夫人は店の自慢の「ファヒータ(fajitas)」、ブッシュ大統領は「チーズエンチラーダ(cheese enchilada)」を頼んだと言うことです。

牛肉のファヒータ

ローラ夫人も頼んだ「牛肉のファヒータ」。美味しくてつい食べ過ぎてしまいます。

またクリントン大統領の一人娘のチェルシーさんは、母方の祖母(つまり、ヒラリーのお母さん)が、このレストランのマルガリータが大好きで、生前よくチェルシーさんとその夫で車を走らせてCactus Cantinaまでメキシコ料理を食べに行ったと、後に雑誌のインタビューの中で回想しています。

マルガリータ
ヒラリークリントン国務長官のお母さんが好きだったマルガリータ。飲みやすくて美味しいです♪

更に、オバマ大統領の愛娘のマリアとサーシャの2人は、通っている学校が近いと言うこともあり、よく同級生と連れ立ってこの店に立ち寄るほか、ミシェル夫人も常連です。

この店で働くコニーさんによりますと、マリアとサーシャは「ファヒータ」が好きでいつも頼むほか、ミシェル夫人はグリルされた鶏肉が乗ったレタスとほうれん草のサラダの「ブラジリアンサラダ」を頼むと言うことです。

ミシェル夫人が頼んだブラジリアンサラダ

ミシェル夫人が頼んだブラジリアンサラダ

夜のCactus Cantina

気軽に美味しいメキシコ料理が食べたいときは、立ち寄ってみて下さいね。

Cactus Cantina
住所:3300 Wisconsin Ave. NW, 20016 Washington, DC
電話:202-686-7222
HP:http://www.cactuscantina.com
  予約はこちらから。

→次のフレンチレストラン、La Chaumière
大統領らの行きつけレストラン

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional