ワシントンDCの観光スポットや大統領らの行きつけのレストランのほか、政治経済ニュースまで生の情報をお伝えしています!

Filomena

Filomena

Filomenaの外観

Filomenaはイタリア系アメリカ人のJoAnna Filomenaが、お母さんが作ってくれたイタリア料理をイメージして1983年5月23日にジョージタウンの大通り沿いにオープンしたイタリアンレストランです。

混み合う店内

いつも混み合っている店内

JoAnnaさんは母親の使っていた家具やアンティークな品々をレストランに持って来たほか、クリスマス時期になると居間の中心に大きなクリスマスツリーをいつも飾っていた実家の伝統にならい、ホリデーシーズンが近づくと同じようにレストランの中心に床から天井まで届く巨大なツリーを飾るのを伝統としています。

クリスマスムード満載の店内

クリスマスの時期になると店内はクリスマスの装飾でいっぱいに

店内の中心にある巨大なクリスマスツリー

店内の中心にある巨大なクリスマスツリー

アットホームな店の雰囲気が人気となり、いつも大勢の客で賑わっているFilomenaですが、これまでブッシュ大統領(パパ)ビル・クリントン大統領ヒラリー・クリントン国務長官バイデン副大統領のほか、ハリウッドスターのハリソン・フォードなども常連でよく訪れています。

クリントン大統領と独のコール首相

店内に飾られているクリントン大統領と独のコール首相が訪れた時の写真

中でもクリントン大統領は1993年3月26日に当時のドイツのコール首相ホワイトハウスに招いて会談している際、コール首相が「ワシントンDCに来た時には必ず Filomenaに行くんですよ」と話したことから、次回の会談は Filomenaで行おうと約束し、実際に1994年1月31日には両首脳が Filomenaでワーキングランチを行いました。また2人の首脳は1997年6月3日に再び夕食を Filomenaで共にしています。

コール首相はFilomenaが開店して以来の常連で、特にラビオリがお気に入りだそうです。

クリスマスの飾り付け
クリスマスの飾り付け

そんな経緯もあってクリントン大統領はその後もよくFilomenaを訪れており、中でも好物はロブスターとソースがたっぷり入ったホームメードパスタ、Linguini Cardinaleだそうでお店のメニューにもしっかり「クリントン大統領のお気に入り」と明記されています♪

この他にもモッツァレラチーズが柔らかくてとろけるようなカプレーゼや、ボンゴレのホームメードパスタ、リゾットと子羊の柔らか煮込みなど、美味しいメニューがたくさんあります。

アルグラサラダ

アルグラサラダ

カプレーゼ

モッツァレラチーズが柔らかい!カプレーゼ

ボンゴレ

ボンゴレのパスタ。量が多いです。

ラムの煮込みとリゾット

リゾットと子羊の柔らか煮込みは絶品です!

また、食事の後にはお客さんにサンブーカ(Sambucca) とアマレット(Amarett)を振る舞うと言うFilomena家の伝統も取り入れていて、食事が終わるとレストランのおごりでお酒を振る舞ってくれます。

食後に振る舞ってくれるサンブーカとアマレット

食後に振る舞ってくれるサンブーカとアマレット

値段は少しお高めですが、特別な日や大切な人と過ごすにはもってこいのレストランなので是非一度足を運んでみて下さいね!

フルーツのタルト

フルーツのタルト

Filomena
住所:1063 Wisconsin Avenue, NW Washington, DC 20007
電話:(202) 338-8800
予約はFilomenaの公式HPから

→次のステーキハウスレストラン、 BLT Stake
大統領らの行きつけレストラン

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional