ワシントンDCの観光スポットや大統領らの行きつけのレストランのほか、政治経済ニュースまで生の情報をお伝えしています!

インタビュー第3弾!<後半> 創薬の分野で起業家として成功したS & R財団の理事長、久能祐子さん

インタビュー第3弾!<後半> 創薬の分野で起業家として成功したS & R財団の理事長、久能祐子さん

ワシントンで「この人に聞きたい!」インタビュー第3回目は成功率が100万分の1で、1回につき15年、しかも費用は800億円から1000億円はかかると言う新薬の開発にこれまでに2回も成功し、日本とアメリカの両方の国で製薬会社を立ち上げて創薬ベンチャーのCEO(最高経営責任者)として財を成した起業家で、科学者や芸術家らを支援するS&R財団の理事長でもある久能祐子さんにお話を伺いました。後半部分をお届けします。

久能祐子さん略歴
1954年、山口県下松市生まれ。京都大学大学院工学研究科博士課程修了。工学博士。ドイツ留学後、新技術開発事業団(現・科学技術振興機構)で生命科学分野の研究に携わる。1989年には株式会社アールテック・ウエノを医薬品の研究開発、製造販売を目的に設立し、パートナーの上野隆司博士が1980年代に発見した「プロストン」に基づく医薬品の第1号、緑内障及び高眼圧症治療薬であるレスキュラ®点眼液を開発、1994年世界に先駆けて日本で発売。1996年には上野氏と共にアメリカでスキャンポ・ファーマシューティカルズ社を起業し、CEO(最高経営責任者)として新しい医薬品の開発、商品化に取り組む。2006年には第2の「プロストン」医薬品となる「アミティーザ」が、FDA=米国食品医薬品局から特発性慢性便秘治療薬として販売許可承認を得るのに成功した。2007年には、スキャンポ社をナスダック市場に上場、翌2008年には大阪証券取引所ヘラクレス(現ジャスダック)にアールテックウエノ社を上場。一方で2000年には若い芸術家、科学者への支援を行うS&R財団を設立し、現在は理事長として様々な社会貢献を行っている。

===

ワシントンライフの表紙を飾った久能さん

雑誌Washington Lifeの表紙を飾った久能祐子さん

Q最初の新薬の発売に成功した後は?
Aその次にまた別の薬を作りたかったのですが、上野製薬からはもう1回成功したのだから新薬開発からは手を引きたいと宣告されました。当時はお金も使い切っていてありませんでしたし、景気も悪かったので資金も集められず、どうしようかと考えた結果、「Kuno & Company」と言う新薬に関するコンサルティング会社を立ち上げることにしました。年間の売り上げは1億円になり、2年間ほど続けました。

Qいきなり1億円の売り上げ!すごいですね〜。そんなにうまく行っていたのに何故アメリカに渡ろうと思ったんですが?
Aコンサルティング会社もうまく行っていたのですが、もう一回プロストンから新薬を作って患者に届けたいとの思いが強く、結局いっそのことアメリカに行ってやり直した方がいいのではないかと言う話になりました。と言うのも日本の場合は薬の承認までに時間がかかるほか、私たちがやりたかった全く新しい薬を生み出す分野については当時あまり機能していないと言う実態がありました。更には日本で行った実験結果などはアメリカでは通用せず、世界で販売するためには改めてアメリカでやり直さないといけないことがわかったので、今後世界に打って出るためには最初からアメリカでやる方がいいと判断しました。出来る場所に行こうと自然に思えたので難しい決断ではありませんでした。

Q2つ目の新薬を開発するまでの苦労話は?また資金難にも直面したそうですが?
A1996年には最初に開発した薬のロイヤリティーも入り始めていたので、それを元手にしてアメリカで上野と共に創薬ベンチャーの「スキャンポファーマシューティカルズ」を1997年に立ち上げ、私はCEOに就任しました。一方でジョージタウン大学のビジネススクールに2年間通いながらビジネスを勉強し、習った事をすぐに実践で使って行きました。

Sucampoのロゴ

上野氏と立ち上げたSucampo

2002年にお金がなくなった時に投資家を募ったほか、最終的にまたお金がなくなった時にはまた新薬の販売権を武田薬品に合計200億円で売る(マイルストンを含む)ことにし、2006年に2番目の新「アミテーザ」の販売にこぎ着けました。

借金も全て予定通り返しましたよ!上野の父も「ワシを超えたな」と最後には認めて下さいました。上野もとても喜んでいました。

Qその後、上場までの苦労は?
A上場の苦労は新薬開発での苦労とは全く別ですね。投資家らが聞きたい話と私たちがこうありたいと言う姿が違うので、どこまで妥協しないで公的な会社になって行くかと言う部分が難しかったです。投資家サイドの意見も分からない訳ではないのですが、そうした意見と調整して行くのが私自身も苦しかったですし、特に薬を開発する現場にいた上野は辛そうでした。上場出来た事自体は達成感ではなく、どちらかと言うと子供がようやく巣立って行ったと言う事で安心感を感じました。

Q2000年には若い芸術家や科学者、起業家への支援を行うS&R財団を上野さんと共に設立されましたが何故?
A私自身もこれまで色んな人が物心両面で助けてくれたからこそ、ここまで来ることができたと言う思いがあったので、自分も次世代の人に何かを返したいと考えました。工学博士で会社経営者でもあった私の父は「イノベーションは個人からしか来ないんだ。」と常々言っていたのが印象的だったので、私もこの人だ、と思った「個人」を初期段階から応援したいなと考えていたのです。アメリカに来たらやりたかったことの1つでした。

財団の本拠地のエバメイ

財団の本拠地のジョージタウンにあるEvermay

Q S&R 財団では現在どんなことに取り組んでいるのですか?
Aこの財団で目指しているのは主に芸術、科学、社会起業の分野で個人の力を通して世界に貢献していくことです。例えば「ワシントンアワード」と言う芸術家に対する賞や「上野アワード」と言う科学者向けの賞を毎年出しているほか、社会起業を目指す若者を様々な面から支援する「ハルシオンインキュベーター」と言うプログラムを運営しています。京都大学や慶応義塾大学など日本の大学と提携してそれぞれの大学から毎年10名くらいワシントンDCに短期留学してもらい、国際機関や大学を訪れ24時間同じ場所に住み込んで過ごす「グローバルリーダーシッププログラム」を数年前から始めたほか、ジョージタウンにあるエバメイと言う財団の本拠地で、才能ある芸術家たちが演奏を行う「Overtures」と言うコンサートシリーズ、更には「国際レジリエンス研究所」と言う新しいシンクタンクも始めたので毎日大忙しです。

起業家の卵たちと

ハルシオンインキュベーターに選ばれた起業家の卵たちと

Q財団の理事長として成し遂げたい目標は?
A才能があり、志が高い若者が自分の新しいアイデアを育てて行き、社会に貢献できるようにすることを見届ける事ですね。多くの人が財団から巣立って行き、またその人達が戻って来て次の世代を育てて行くサイクルを見届けたいと言うのが大きな目標です。

Q今財団の規模はどんどん大きくなって行っていますが、他にも力を入れている事があるとか?
Aはい。私の人生では2人の天才に出会いました。1人目はパートナーの上野。もう1人は数年前に出会ったアメリカ在住の若い日本人研究者です。AIDS やマラリアなどの感染症やガンに効能があるワクチンを開発したいと言うその若者のアイデアが素晴らしかったので数億円を投資して、上野と彼と一緒に会社を起業しました。いつか開発したワクチンで更に多くの人に貢献したいと思っています。

Q家を買うのが趣味とのことですが?(笑)
A家の中の3次元的な構造やデザインを考えるのが好きなので、自然と家を買う事になってしまうんです(笑)。世界各国の気に入った場所に家を購入しています。でも一番、趣味的に好きなのは仕事ですね。仕事に没頭するのが大好きなのです。気分転換には茶道やダンスなども習っています。

オフィスで仕事中の久能さん

Evermayにある自身のオフィスにて

Q起業を目指している若者へのアドバイスは?また日本の女性へのアドバイスは?
A起業する事や女性として働く事は目的ではなく単なるツールです。どの山に登りたいのか、どこに行きたいのかを自分で考えてそれを4次元的に、第三者の目でも見ることが必要です。

最近はスキルだけを磨く人が多いですが、まずはセンスを磨く方が大切です。そして自分を解放すること、誰から強制されたものではないけれど自分がしたいから選択するのだと、自分で決める事が大切。何か責任感のあることをするのは孤独なことですが孤独に耐えるのに役立つのは自分を信じる力を付ける事です。そのためには自分で決めて行く力を養わないといけないのです。センスを磨くのは直感力決断力想像力を養う事だと思います。ゴールを空想して想像する力が大切です。だからどんどん妄想して下さい(笑)。

大抵、怖くなるのは他人が作ったステージに自分が乗っているからです。小さくてもいいから自分が作ったステージの上に乗っていれば怖いものがなくなりますよ。自分の人生は自分で作りあげていくしかないですからね。
===
インタビュー後記:
これまでワシントンビジネスジャーナル紙「Women Who Mean Business」という女性経営者に与えられる賞(2009年)や、「Ernst and Young Entrepreneur of the Year Award for the Greater Washington Area in the Life Sciences Category」 (2006年)等を受賞されているほか、ワシントンポストやワシントニアンなどDCのメディアでもよく特集記事を組まれ、表紙にまで登場する久能さんは、ワシントンでは一番有名な日本人と言っても過言ではありません。しかしとっても気さくで明るく前向きな方で、更には自然に人を引っ張って行くリーダーシップと決断力まであるのが垣間見れる、まさに日本が世界に誇る女性です。

久能さんの「怖くなるのは他人の作ったステージに自分が乗っているから。小さくてもいいから自分が作ったステージに乗っていれば怖いものはなくなる」と言うのはまさに起業家らしい貴重なメッセージで、誰にとってもいい教訓なる言葉だととても印象に残りました。また自分のことを「第三者的な立場で見る目を養う」ことの大切さにも改めて気付かされました。久能さんのメッセージは誰にとっても貴重なアドバイスになるものだと思います。

久能さん率いるS&R財団は年を追う事に人もプロジェクトも増え、益々大きくなって行っているので、この先どこまで大きく育てて行くのか楽しみです。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

コメント

  • このコメントは管理者による承認待ちです。



認証コード1065

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional