ワシントンDCの観光スポットや大統領らの行きつけのレストランのほか、政治経済ニュースまで生の情報をお伝えしています!

DCインタビュー!<後半>日本大使館でソーシェルセクレタリーとして働くビューカー清美さん。

DCインタビュー!<後半>日本大使館でソーシェルセクレタリーとして働くビューカー清美さん。

ワシントンで「この人に聞きたい!」インタビュー第9回目はワシントンDCの日本大使館を取り仕切るソーシャルセクレタリーとして活躍するビューカー清美さんにお話を伺いました。後半部分をお届けします。

歴代の駐米日本大使の写真の前で

歴代の駐米日本大使の写真の前で。ビューカー清美さん

ビューカー清美さん略歴
南山大学・短期大学部英語科卒業後、メリーランド・ノートルダム大学・国際関係・政治学専攻リベラルアーツ学科に編入し1991年卒業。1994年在米日本大使館・儀典班/大使室のソーシャル・セクレタリーのシニア・アシスタントとして現地採用。 その後、大使特別アシスタント、副ソーシャル・セクレタリーを経て、2002年からソーシャル・セクレタリーに。現在に至るまで歴代駐米大使6人(栗山大使夫妻、斉藤大使夫妻、柳井大使夫妻、加藤大使夫妻、藤崎大使夫妻、佐々江大使夫妻)に仕えた経験を持つ。連邦政府プロトコール担当や各国大使館のソーシャル・セクレタリーから成るプロトコール・プロフェショナル・クラブに所属。アメリカ人の夫と長女、次女の4人家族。

==

Qノートルダム大学に編入してしばらくして今の旦那様と出会われたとか?
Aそうなんです。実は留学して1年目が終わる頃に参加したパーティーで主人と偶然出会い、すぐに付き合うようになって半年後にはプロポーズされました!日本人と一緒にいるよりも彼といる方が居心地が良かったんですよね。

でも留学に出る時に日本の両親からは「大学を卒業したら必ず日本に戻ってくること」と約束させられていたので、彼の話をしたら大反対されました。だからノートルダム大学を卒業した後は、両親を説得するためにまず日本に戻ることにしました。両親は「日本人以外と結婚するなんて考えられない」と言う感じだったのですが、祖母が「好きなようにさせてやったら」とサポートしてくれたこともあり、最後には結婚を許してくれました。

Q実際に結婚してアメリカに渡ってみてどうでしたか?
Aそれが、つまらなかったんです!朝昼晩、食事をつくって掃除をする以外何もやることがなくて、どうしようかと思いました。主人はいい人で大好きでしたが、それ以外の生活が満たされていなくて結婚を早まったかもしれない、とまで思いました。そんな私を見た友人の勧めでVISAカードで週3回程働き始めたところ、やっぱり働くのは面白いと実感し、今後も働き続けたいと思うようになりました。また日本が恋しかったので、ボランティアでもいいから日本関係の仕事に就きたいと思うようになり、日本に関係のあるところに履歴書を送り始めました。すると、日本大使館の儀典班のソーシャルセクレタリーのシニアアシスタントのポジションにちょうど空きがあると言う事で面接を受け、運良く採用してもらうことになりました!

Q日本大使館で儀典班/大使室のソーシャル・セクレタリーのシニア・アシスタントとして働き始めてみて、すぐに重要な出会いがあったとか?
Aまずプロトコールって何?というところから始まったのですが、その時の直属の上司がレーガン大統領や、ブッシュ大統領(41代)のホワイトハウスで副ソーシャル・セクレタリーを務めていたキャッシー・フェントンで、彼女と出会えたのが大きな財産となりました。彼女が行くイベントには全て付いて行って、彼女の仕事ぶりを見ながらプロトコールに関する全てを学んで行きましたし、キャシーからホワイトハウスの要人などを紹介してもらえましたし、ネットワークがどんどん広がって行きました。キャシーは物腰が柔らかく、いつもポジティブで、みんなに好かれてましたね。

メンターのCathyFentonとホワイトハウスにて

かつての上司でメンターのキャシー・フェントンさんと。ホワイトハウスにて。

その後、キャシーはご主人の転勤を機に日本大使館を退職したのですがブッシュ大統領(43代)の時代にまたソーシャルセクレタリーとしてホワイトハウスに返り咲いたので、その後も色々お世話になりました。

先日、オバマ大統領の下で初めてゲイのソーシャルセクレタリーに就任したとして話題になったジェルミー・バーナード氏がいよいよ辞める事になって彼の送別会に出席するためホワイトハウスに行ってきたのですが、その場には歴代のホワイトハウスのソーシャルセクレタリーも招待されていて、キャシーとも再会出来たので嬉しかったです。キャシーは現在はニュージャージ州のクリス・クリスティ州知事の下でレジデンスマネジャーをしています。

ホワイトハウスのソーシャルセクレタリーのJeremy Bernardが離任前に佐々江大使とともに@ホワイトハウスで

ホワイトハウスのソーシャルセクレタリーのジェルミー・バーナード氏と佐々江駐米大使と

Qキャシー・フェントンさんが妊娠をきっかけに産休でしばらく休職していたとき、残された清美さんは大変だったそうですね?
Aそうなんです。私もちょうど同じ時期に第一子を妊娠していたのですが、キャシーがいなくなった後、全ての仕事を任されるようになったので、本当に辛かったですがなんとかやり抜きました。でもその経験のおかげでソーシャルセクレタリーとしての仕事を一通り学ぶ事が出来ました。仕事も楽しくて仕方なかったので、出産の3日前まで仕事を続けて、3ヶ月で仕事に復帰しました。絶対に仕事は辞めたくなかったですね。

Qそんな中、旦那様がフロリダへ転勤になり、一時は大使館を辞めてついていくことを考えたものの結局単身赴任にしてもらったとか?
A娘が1歳になるかならない頃に、主人の本社がフロリダに移転する事になってしまったのです。主人からはフロリダに来たいなら一緒に来て欲しいけど、仕事を辞めたくないのに無理矢理付いて来るのはよくないから「自分でどうするか決めて欲しい」と言われました。

結局彼がフロリダに単身赴任、私がワシントンDCと言う生活を続けながら2週間に一度お互いが行き来するような生活が6〜7年続くうちに、夫婦間がぎくしゃくした時期もありました。でも世界同時テロが起こったことをきっかけに夫が家族の大切さを改めて考えてくれたようで、「別居を続けるのではなくフロリダかワシントンDCかどっちかで一緒に暮らそう。」という事になりました。私は「私がフロリダに引っ越すわ!」と主張したのですが、彼は「僕のキャリアはフロリダ以外の州でも通用するけど、君のキャリアはワシントンDCでしか築けない」と言ってくれて、結局彼が仕事を辞めて、DCに来てくれることになりました。私がやりたいことを尊重し、サポートしてくれた夫には本当に感謝しています。

柳井大使夫妻とホワイトハウスでの外交団レセプション

クリントン大統領夫妻と柳井駐米大使夫妻とともにホワイトハウスで

Q旦那様がフロリダから戻って来られて1年経った頃にソーシャルセクレタリーに昇進したそうですね?その時はどんな気持ちでしたか?
A憧れだった上司のキャッシーフェントンのタイトルなので、やっぱり嬉しかったですし責任の重大さを感じました。

Q今後、ソーシャルセクレタリーとして成し遂げたい事、目標などはありますか?
A今の佐々江大使夫人は「ソーシャルセクレタリーとしてどんどん前に出て行って日本のことを発信して行って。」と言って下さるので、これまで断り続けていたプロトコールプロフェッショナルのためのワークショップでパネリストにチャレンジしたり、こうしてインタビューに答えたりするようになって来たのですが、うまく自分の言いたい事が伝えられないという事を実感しているので、パブリックスピーキングのトレーニングを受けたいと思っています。

それから、連邦政府や国務省、各国大使館のソーシャルセクレタリーの仲間と、ワシントンDCならではのソーシャルセクレタリーの仕事について本にまとめたいね、ということも話しているので、仲間と一緒に実現できたらな〜と思っています。

現在のホワイトハウスのソーシャルセクレタリーのDeesha Dyer

現在のホワイトハウスのソーシャルセクレタリーのディーシャ・ダイヤーさんと

Q最後に、清美さんのように海外で働きたいと言う日本の若者に対してのアドバイスをお願いします!
Aプライベートでも仕事の上でも感謝の気持ちを伝えることが本当に大切だと日々感じているのですが、最近ちょっとしたことをしてもらっても、「ありがとう」と言わない人が増えているように思います。若い方には日本人の謙虚さや感謝の気持ちを忘れない姿勢など日本人の良さを広めて行って欲しいですね。

アメリカでも上に行けば上に行く程、人柄が素晴らしい人が多いですし、ちょっとしたことに対しても必ずサンキューカードを送ってくれるなど謝意を伝えてくれます。アメリカにいても自己主張する前に、謙虚でいると同時に感謝の気持ちを言葉にすることを忘れないことが、意外と仕事でも何でもうまく行く秘訣だと思います。

日本大使館内の自身のデスクにて

日本大使館内の自身のデスクにて

それから何もやらないで、後で後悔するのではなく、やりたいことがあればまずはチャレンジしてみる事が大切だと思います。海外で働くためには思いっきりの良さも必要です。たとえ失敗したとしてもまたやり直せばいいことですし、失敗した事が自分の経験にもなり、他の人の痛みも分かるようになるので、失敗を恐れて欲しくないですね。

Qありがとうございました!

==
インタビュー後記
いつも朗らかで、物腰が柔らかく、とにかく明るくて笑顔が素敵な清美さん。日本大使館では要とも言えるソーシャルセクレタリーを務めていますが、決して前に出過ぎないからこそ、まわりの人から愛されている理由なのかもしれません。

経験があればあるだけ、それが財産となるのがソーシャルセクレタリーですから、今後もホワイトハウスや国務省、ワシントンの要人などに広がるそのコネクションをフルに生かして日本のために更に活躍して欲しいですね!心から応援しています♪

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

コメント


認証コード9542

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional