ワシントンDCの観光スポットや大統領らの行きつけのレストランのほか、政治経済ニュースまで生の情報をお伝えしています!

DCインタビュー<前半>著書が総理大臣賞を受賞の芦澤久仁子さん。テレ東ディレクターから国際関係論教授に転身!

DCインタビュー<前半>著書が総理大臣賞を受賞の芦澤久仁子さん。テレ東ディレクターから国際関係論教授に転身!

ワシントンで「この人に聞きたい!」インタビュー第10回目はテレビ東京やイギリスのオックスフォード大での勤務を経て、現在はワシントンDCのアメリカン大学で国際関係論の講師および、ジャパンプログラムコーディネーターとして活躍する芦澤久仁子さんにお話を伺いました。まずは前半部分をお届けします。

芦澤久仁子さん

芦澤久仁子さん

芦澤久仁子さん略歴
アメリカン大学講師(国際関係論)及びジャパンプログラムコーディネーター。慶應義塾大学経済学部卒。テレビ東京勤務後、2005年に米国タフツ大学フレッチャー法律外交大学院博士課程修了。その後、英国オックスフォードブルックス大学准教授として、東アジアの国際関係、日本外交等を教える。また、米国ウッドローウイルソン国際学術センター、東西センター、ライシャワーセンターで、招聘研究員として滞在。2010年度安倍フェロー(日米欧のアフガニスタン支援政策比較研究)。主な研究分野は、日本の外交、安全保障、開発援助政策、アジアにおける地域機構づくりとそれを巡る国際政治、日米中関係。著書「Japan, the U.S. and Regional Institution-Building in the New Asia: When Identity Matter」が2015年度大平正芳記念賞を受賞。2012年から現職。アメリカ人の夫とDC在住。

===

Qまずは今のアメリカン大学でのお仕事について教えて下さい。
A現在は「China, Japan, USA」と言う日中米を中心にアジアの国際関係を紹介する授業を教えています。授業は主に4つのパートに分かれているのですが最初に19世紀半ばの歴史から始まり、そこから第二次世界大戦が終わるまでの流れ、2番目のパートでは冷戦時代に中国と日本がどうやって政治システムと経済を立ち上げアメリカがそこにどう関わっていたのか、3番目は日中米の冷戦後の外交について、4番目は尖閣問題、中国の経済事情、アメリカのアジア回帰政策など、日中米の最新の話題を取り上げています。

最初の方の授業は講義が中心なのですが、半ばからディスカッション中心になり、最後にはそれぞれ生徒達にプレゼンテーションをしてもらっています。この授業をきっかけに外交や国際関係、アメリカとアジアの関係を考える技術を習得してもらうのが狙いです。生徒の中にはアジアのことを全く知らない生徒もいれば、中国人や日本人などアジアから来た生徒もいますし、日本語や中国語を勉強しているアメリカ人もいて、それぞれバックグランドが全く違うので、そんな中全員が授業に参加できるようにして、それぞれ自分の頭で考えるよう持って行くのは結構大変ですね(笑)。

これ以外にもこれまで「アジアの文明(Civilizations of Asia)」と言う授業なども教えましたし、去年はジョンズホプキンズ大学の国際関係大学院で「日本の国際開発(Japan in International Development)」と言う授業も教えていました。

Q大学で教えていて、やりがいを感じるのはどんな時ですか?また授業ではどんなことを心がけていますか?
A生徒間でのディスカッションをうまく引き出せた時はすごく嬉しいですね。それから中間テストや期末テストで論文を書いてもらうのですが、自分の頭でよく考えているな、と思わせるようないい論文が出て来るとやりがいを感じます。

アジアについて全く知識がない生徒は心配してオフィスアワーに相談に来ますし、日本や中国に将来留学したいとか、アジア関係でインターンシップを探していると言うような相談に来る生徒もいます。生徒からメールも来ますし、授業の後に話したいと言う生徒もいるので、コミュニケーションは多いのです。生徒たちはみんなキラキラしていてやる気満々なので、すごく可愛く感じますし、私に出来ることがあれば助けてあげたいと常に思いますね(笑)。それから当初はアジアにあまり関心がなかったのに、授業をきっかけに「日本に留学することにしました」とか、「国際関係の専攻に変更することにしました」と言う生徒が中にいたのですが、そういう声を聞くとやはり嬉しいです。

アメリカン大学での授業の様子

アメリカン大学での授業の様子

授業中に心がけていることは、スライドなどビジュアルを活用することと、私自身も「こんなに面白いのよ!」と言う雰囲気を醸し出しながら話すようにしています。そうすると生徒も「そんなに面白いんだ」と思って熱心に聞いてくれるので、ある意味、演技しながら教えることも重要なのです(笑)。このほか講義の間にも要所要所で今起きている情勢に絡んだ質問を生徒にすることで、興味を持たせるようにしています。

Qアメリカでは授業の最後に生徒から先生に対する評価をするのが慣習ですが、やっぱりドキドキするものですか?
Aそりゃあドキドキしますね!(笑)でも前学期の生徒からの評価は7点満点で6・5くらいの評価だったので嬉しかったです。生徒からの評価と共に「もっとコンテンポラリーにして欲しい」「もっとアメリカの話をして欲しい」など様々な要望が来るので、なるべく生徒の声は採用して毎学期の授業内容を若干調整して行っています。

Qジャパンプログラムコーディネーターとしてはどんなことをしているのですか?
Aアメリカン大学にアジアに関するプログラムがあるのですが、そこで行うアジア関係のセミナーに専門家を招くのをお手伝いしています。例えば今年の春にアジア開発銀行の中尾総裁がワシントンDCにいらっしゃる機会があったのですが、アジア開発銀行のワシントンオフィスの所長さんから「アメリカン大学で講演出来ないだろうか」と相談され、もちろん大喜びで手配させて頂きました。このほか、アメリカン大学には日本人学生の団体があるので、彼らの相談役になってあげたり、イベントのお手伝いをしたりしています。

アメリカン大学には大学院生も含めて毎年約50人の日本人留学生が来るのですが、全体的な傾向として、アメリカの大学では日本人留学生がこのところ減って来ているので心配しています。つい最近、日本の大学生に夏休みを利用してアメリカン大学での体験授業をしてもらうというプログラムのお手伝いをしたのですが、そういう経験を通じて、本格的に留学してみたい、と思ってくれる若者が増えるといいなぁと思っています。

Q小さい頃はどんな子供でしたか?将来は何になりたいと思っていましたか?
A本を読むのが大好きで子供の頃から様々な本を読んでいました。要領が良かったのでテストはかなり得意でした(笑)。小学校の頃は「将来は小説家になりたい」と卒業文集に書いたことを覚えています。全然そちらには行きませんでしたけどね。当時からアメリカやヨーロッパの映画や音楽は大好きでしたが、だからと言って海外に行きたいとは、特に考えていませんでした。

高校時代はアーチェリー部に入り、大学に入ってからはスキューバダイビングに熱中しました。学生時代はよく遊びよく食べ、青春を謳歌することに集中してました!

Q大学卒業後、テレビ東京に就職することにしたのは?
A当時はまだ4年制の大学を卒業した女子学生を雇ってくれるところはそんなに多くはありませんでした。そんな中、出版社やテレビ局、新聞社などのマスコミは比較的女子学生を採用していたのでマスコミを中心に就職活動をしようと思い、テレビ東京に運良く最初に採用されたので就職を決めました。

アメリカン大学のキャンパスで

アメリカン大学のキャンパスで

Qテレビ東京に入社して、営業局や報道局で働いてみてどうでしたか?
A 就職して最初に編成局に配属され、2年ほど番組の著作権や契約を確認する仕事を担当した後、営業局に配属になりました。営業では、スポンサー会社の商品を番組の形にして放送する枠があったので、3年ほどその番組の製作に携わっていました。当時、その脚本を担当していたのが三谷幸喜さんで、花王やサントリー、日産やトヨタなど大手企業の広報番組を毎週のように一緒に作ったのがとても面白かったです。営業局にいた際、社内報に自分の部署について面白おかしく記事を書く機会があったのですが、その記事が報道局の幹部の目に留まり、報道局に引っ張ってもらう形で異動しました。

報道局では天気の原稿から始まり、様々なニュース原稿を書きました。夕方のニュース向けに昼間は取材に行き、社に戻って来て編集して放送する仕事や、ニューススタジオに入って放送の送り出しをするプログラムディレクターを務めたりしましたが、特集向けに何日もかけて取材をして1つの企画を作るのが一番楽しかったです。

例えばサハリンに200人ほどいる残留日本人に焦点を当てた特集を担当したことがあるのですが、実際にサハリンに行ったところ、実は日本人200人だけではなく、2000人ほどの朝鮮人が戦時中に「日本人」として連れて来られたものの、日本人ではないからと見捨てられたことを知り、なんて自分は日本の歴史について知らなかったのだと痛感し、恥ずかしくなってもっと歴史を勉強したいと思うようになりました。

その後、北方領土に取材に行った際、色丹島に取り残された日本人男性がロシア人と結婚して生まれた息子さんを取材する機会があったのですが、調べたところ実は日本に母親違いのお姉さんがいることを発見したので、そのお姉さんの取材で青森の津軽半島まで行きました。彼女に弟さんのビデオ映像を見せたら、号泣されたことを覚えています。この取材を通じて「何故戦争が起きてしまうのだろう。なぜ家族が離ればなれになるような悲しい出来事が起きてしまったのだろう。」と強く感じるようになり、国際関係論について大学院で勉強したいと思うようになりました。

Qそこから留学に向けて準備をして、実際にフレッチャースクールに合格したのですよね?
A仕事の傍ら、受験勉強をしてフレッチャースクールに合格したので、退職することも覚悟の上で、上司に「留学に行きたい」と訴えたところ、上司が懐の広い人で結局休職の形で留学することになりました!

==
後半では初めてのアメリカ留学生活や、旦那様との出会い、そしてその後どうやってキャリアを築いて行ったのかのお話をじっくり伺っています。以下の「次の記事」をクリックして是非後半も読んで下さいね。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

コメント


認証コード4728

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional