ワシントンDCの観光スポットや大統領らの行きつけのレストランのほか、政治経済ニュースまで生の情報をお伝えしています!

DCインタビュー<前半>TV カメラマンから日米関係強化の仕事に転身の室谷眞規子さん!

DCインタビュー<前半>TV カメラマンから日米関係強化の仕事に転身の室谷眞規子さん!

ワシントンで「この人に聞きたい!」インタビュー第11回目は北米にある37の日米関係の団体ネットワークを束ねる、ワシントンDCを拠点とする全米日米協会連合会(=National Association of Japan-America Societies)で、オフィスマネージャーとして活躍する室谷眞規子さんにお話を伺いました。まずは前半部分をお伝えします。

室谷眞規子さんオフィスの前で

室谷眞規子さん。全米日米協会連合会のオフィスの前で

室谷眞規子さん略歴
和歌山県出身。長崎ウエスレヤン短期大学を卒業後、イーロン大学のジャーナリズム・コミュニケーション学科に編入し1994年卒業。同年7月から1995年3月までNHKワシントン支局でビデオ編集。同年4月からTBSワシントン支局でカメラマンとして大統領選を3回経験したほか、在ペルー日本大使公邸占拠事件やアメリカ同時多発テロ事件などを取材。第二期ブッシュ政権誕生を見届けた後、2005年1月に家庭と仕事の両立を理由に退職。同年7月から現職。北米37カ所にある日米協会の地元の活動を資金面、ロジ面など様々な形で支える。夫と息子の3人家族。

==
Q 全米日米協会連合会は実はあまり一般にはその存在が知られていませんが、日米関係を支えるとても重要な組織です。まず、組織について教えて下さい。
A1860年の日米修好通商条約の締結から100周年を迎えた1960年にロックフェラー氏が主催する委員会に全米の9つの日米関係の組織が参加したのがそもそもの始まりで、1979年にはジョンソン元駐日大使の下で正式に団体としてニューヨークで誕生し、1999年には本拠地をワシントンDCに移転しました。

北米で37の日米協会が全米日米協会連合会の会員として所属しているのですが、会員の中で一番歴史が古いのが1904年に設立されたボストンの日本協会(Japan Society of Boston)で、一番規模が大きいのがニューヨークの日本協会(Japan Society)。そして戦後になって最初に出来たのがワシントンDCの日米協会(Japan-America Society of Washington DC)で、最も新しいのが今年設立されたばかりのノースカロライナ州の日米協会(Japan- America Society of North Carolina)です。

そうした会員協会が地元で行う日米関係のイベントやセミナー、情報提供などを通じて日米関係の相互理解と協力を強化して行くこと、そして会員同士の交流や協力を促進することが全米日米協会連合会のミッションです。

Q室谷さんは具体的にはどんなお仕事を担当しているのですか?
Aスタッフがたった二人しかいない小さな団体なので、私の上司である理事長が全米日米協会連合会の顔として表に出る仕事をし、私はそれ以外の表に出ない部分を全てカバーしています(笑)。まず毎年37カ所ある会員協会の所在都市の1つで年次総会を開くのですが、会場選びからホテルの予約、食事の手配、ゲストスピーカーの飛行機の手配などロジ全般は全て担当しています。ホテル側との割引交渉なども、もちろんしますよ!

また2年に1度、日本とアメリカで、両国にある日米関係の団体同士が交流し、情報交換するための日米協会国際シンポジウムを開催しているのですが、アメリカで開かれる時のロジは全て私が担当しています。

更に、会員協会の地元での活動サポートのために日米関係の基金に助成金申請をし、それを各会員協会が使いやすいサイズに分割して分配するのですが、ただ単純に頭割りして配るのではなく、きちんと使用目的や詳細などを書いた申請書を会員協会から出してもらい、それを厳正に審査してどこの会員に助成金を分配するかを決めるのですが、そうしたプロセスも私の仕事になります。

このほか、会員協会のためのグループ保険・割引航空券・ホテル宿泊割引等の手続きや、会員協会間の情報共有のサポートなども行っています。

2012 Dallas Sympo 第8回日米協会国際シンポジウム・ダラス大会開会レセプション

第8回日米協会国際シンポジウム・ダラス大会の開会レセプションで

Q仕事をしていてやりがいを感じるのはどんな時ですか?
Aこの仕事を始めた当初は自分が日米関係の一端を担っているとは思っていなかったのですが、この5年ほどで日米協会のプログラム数が増えたり、イベントの質が上がって来たりして、とても活発になって来ていることを感じるようになりました。そうした変化を見るうちに、もしかしたら自分が日々行っている裏方の仕事も日米関係の強化に貢献できているのかな〜と、ようやく最近になって思えるようになって来ました(笑)。

基本的に私の仕事は裏方で、全米の日米関係の協会あっての全米日米協会連合会なので、私たちがサポートして実現した地元のプログラムやイベントが成功すると、やはりとてもやりがいを感じますね。

それから、助成金を取って来て、分配して、使ってもらっておしまいではなく、どうやってその助成金が使用されたのかの詳しい報告書を書かなければいけないので、地元の日米協会から情報を集めて、会計もきちんと済ませて、ドナー側に報告書を提出した時は、ほっとすると同時にかなり達成感を感じます(笑)。

Q仕事上で、苦労するところは?
A自分たちが直接プログラムをするわけではなく、会員協会の地元の活動をサポートしている訳ですが、会員協会の中には本当に規模が小さいところもあるので、なかなか地元からの報告や情報がスムーズに上がって来なかったりすることもあるので、そういう点では苦労しますね。

Q今年行われた年次総会では、表彰されたそうですね?
Aそうなんです(笑)!全米日米協会連合会で働き始めてちょうど今年で10年になるのですが、年次総会の途中で突然、前会長が「この10年、日米関係を支えてくれてありがとう」などと私への感謝の気持ちを表すスピーチを始めて、「え???」と思っているうちに舞台に上げられて記念品を贈呈されました。全く予想していなかったので本当にビックリしましたし、少し恥ずかしかったですが、やはり嬉しかったですね。縁の下の力持ち的存在の私のことを覚えていてくれた同僚達の気持ちには本当に感動しました。

 シカゴ年次総会で参加者と野球観戦後の記念撮影

シカゴで行われた年次総会で参加者と野球観戦後の記念撮影

Qところで、室谷さんは昔はどんな子供だったのですか?昔から海外に憧れていたのですか?
A子供の頃から「負けず嫌い」でしたね。活発な子供でしたがグループ行動は苦手で我が道を行くタイプでした。運動が得意で中高時代はバスケ部に所属していました。

中学から始めた英語の授業が特に大好きで、自然にアメリカに憧れるようになりました。当時は何故か「外国人」になりたいと思っていたのを覚えています(笑)。大勢いるうちの1人ではなく、自分だけがまわりと違う人間になりたかったんですよね。

高校生になってから留学を夢見るようになったのですが、両親から「大学生になってからにしろ」と反対されたので、大学は交換留学制度があり、卒業後に、提携先のアメリカの大学に編入出来るプログラムがある長崎ウエスレヤン短期大学に進学することを決めました。

Q卒業後にアメリカの大学に編入することまで考えて進学を決めたなんてすごいですね!日本の短大に入って、計画通りマサチューセッツ州のBecker Collegeに交換留学されていますが?
A 短大に入学してから、留学に行くために筆記テストや英語のエッセイ、面接など学内選考試験を受けたのですが、実際に交換留学生に選ばれた時は嬉しかったです。海外に行くのは初めての経験だったので実際にアメリカに来た時は本当にすべてが新鮮で、カルチャーショックの連続でした。例えば、真冬なのに短パンで裸足で過ごしているクラスメートを見てビックリしたり、雨が降っているのに傘をささないアメリカ人を見て驚いたり、映画の中で出て来るアメリカとは全然違うんだ〜と思いました(笑)。

実は当初は授業中に先生が何を言っているのか全く分からなくて英語では苦労しましたが、(笑)アメリカでの学生生活はとにかく楽しくてホームシックにはなりませんでした。交換留学の1年はあっという間に過ぎてしまいました。

室谷眞規子さん自身のオフィスにて

室谷眞規子さん自身のオフィスにて

==
インタビューの後半では、日本の短大を卒業した後、アメリカの大学に編入したこと、そしてTBSでカメラマンとして働いた時の経験などについて詳しくお話を聞いています。以下の「次の記事」をクリックして是非後半も読んで下さいね。

以下をぽちっと押して頂けると更新の励みになります 。宜しくお願い致します!
 ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

コメント


認証コード7677

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional