ワシントンDCの観光スポットや大統領らの行きつけのレストランのほか、政治経済ニュースまで生の情報をお伝えしています!

Restaurant Nora

Restaurant Nora

Noraの外観

Restaurant Noraのオーナーはオーストリア出身の Nora Pouillonさんです。Noraさんは夫がワシントンDCで職を得たことを受け、1960年代後半に一緒にDCに移り住んできましたがその際、アメリカ人がいかに不健康な加工食品ばかりを食べていることを目の当たりにしてショックを受け、より健康的なライフスタイルを推進するようになりました。

その後、地元のオーガニック農家らとも交流を続け、自らが主催したクッキングスクールやケータリングのビジネスにもそうした食材を使って来ましたが、1979年にはついに自分の名前を冠したレストランをワシントンDCのDupont Circleに開きました。

落ち着いた雰囲気の店内

その後もオーガニックの食材を使うことに情熱を注ぎ続け、1999年には取得するのが難しいとされるアメリカでは初めての「オーガニック認証付き(certified organic restaurant)」レストランに認定されました。

ワシントンDCでは安心してオーガニックの料理を楽しめるレストランとして人気となっています。

オバマ大統領夫妻とNoraさん

オバマ大統領夫妻とNoraさん。Restaurant Noraより。

そんなRestaurant Noraをオバマ大統領夫妻が訪れたのは2010年1月16日で、ミシェル夫人の46回目の誕生日を祝うためでした。この夕食にはミシェル婦人のお母さんのほか、親しい友人でもあるバレリー・ジャレット大統領補佐官や、エリック・ホルダー司法長官夫妻、ミシェル婦人の首席補佐官らも参加しました。

オバマ大統領はメーン産のロブスターとサフランリゾット、ミシェル夫人はラムを頼んだほか、お店の人によるとオバマ大統領はマティーニが好きで、3杯も飲んでいたとビックリしていました。

リゾット

野菜のリゾット。トマト、エリンギ、カボチャ、ほうれん草などが入っています。

オバマ大統領夫妻は、2013年11月15日にはバレット・ジャレリー大統領補佐官の誕生日を祝うために再び訪れています。この時は15人以上の人数だったので、1つ下の階の個室を貸し切って行われ、オバマ大統領はフィレミニヨンとビートサラダを頼んだほか、デザートにはティラミスやアップルパイも口にしたと言うことです。

アップルパイ

オバマ大統領も食べたアップルパイ。かなり甘いです!

このほかにもこれまでにジミーカーター元大統領やナンシーレーガン大統領夫人、クリントン大統領とヒラリー国務長官などもこのレストランで食事をしているのが目撃されています。

アルグラサラダ

なしとゴルゴンゾーラチーズが入ったベイビーアルグラサラダ

実はこのレストランのSur Chefは日本人女性で、お店のメニューにも海苔や味噌など日本風のアクセントが入ったお料理も数多くあります。

海苔とサーモンタルタル

パリっとした海苔のフライとサーモンのタルタル

ソーセージとトマト

自家製ソーセージのトマトと玉ねぎのラグー添え

野菜や果物、お肉や鶏肉、豚肉に至まで料理に使う95%以上の食材がオーガニックなため、季節ごとにメニューも色々と変わります。Dupont Circleにお出かけの際は是非立ち寄ってみて下さいね。

Nora看板

Restaurant Nora
住所:2132 Florida Avenue NW Washington, DC 20008
電話:202-462-5143
予約はRestaurant Nora の公式HPから。
→次のアメリカ料理のレストラン、Blue Duck Tavern
大統領らの行きつけレストラン

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional